H26年度こども自然ふれあい広場

2014年7月22日~25日

七月二十二日から二十五日までの四日間、高知県立香北青少年の家において第三回目の「こども自然ふれあい広場」を開催しました。
四国管区教化センターが開催している「こども禅キャンプ」と併催し、二十二日から二十四日の三日間は修行体験(坐禅・読経・作務等)や共同生活、外遊びを通じ福島の子ども達と四国のこども達がふれあい交流を深め合える場となりました。
また四国の子ども達解散後、福島のこども達は海水浴・シーカヤックで存分に遊びました。四日間天候にも恵まれ、普段外での活動を制限されている福島のこども達にとっては良い時間であったと思います。東日本大震災・東京電力第一原発事故による放射能被ばくの問題はまだまだ解決にはなっておりません。この問題を風化させないためにも、この活動は続けていきたいと考えております。

以上